オールデンのWELT,SOLE,HEELについて

2017/1/21

オールデンのウェルト、ソール、ヒールの種類はいくつかあり、その組み合わせによって、靴の印象が全く異なります。本記事では、オールデンで使われている代表的なウェルト、ソール、ヒールを説明します。

### WELTの種類について ###

ウェルトには、リバース、ストーム、フラットの3種類があります。また、ウェルトが靴を1周して縫い付けられている360度と、ウェルトが靴を1周せず、ヒールで終わる270度があります。

  • リバースウェルト
  • 厚みのあるウェルトを上下に裂いて、上部をアッパーに沿わせて、下部を360度縫い付けます。画像の矢印は裂いたウェルトの上部です。なお、270度のものは見たことがありません。 アバディーンなどのドレッシーなラストに使われる事は少なく、バリーなどのラストで、カジュアルな印象を持たせる場合に使われる事が多いです。
  • ストームウェルト
  • リバースウェルトと同じくアッパーに沿わせる部分がありますが、リバースウェルトのようにウェルトを裂いたものではなく、2枚目の画像の通り、綺麗に整形したものです。
  • 360フラットウェルト
  • アッパーに沿った部分がウェルトになく、靴を1周して縫い付けられているウェルトです。
  • 270フラットウェルト
  • アッパーに沿った部分がウェルトになく、ウェルトが靴を1周せず、ヒールで終わってます。

    ### SOLEの種類について ###

    オールデンのソールには、ダブルレザー、シングルレザー、ウォーターロック、コマンドなどの様々な種類があります。 ここでは、ダブルレザー、シングルレザー、ウォーターロックの説明と比較を行います。

  • ダブルレザー(写真上側の靴)とシングルレザー(写真下側の靴)の説明と比較
  • 文字通り、ダブルレザーは2枚の革、シングルレザーは1枚の革を用いたソールです。ダブルレザーは他のソールに比べて、厚みがあるため、カジュアルな印象を持たせる場合に使われる事が多いです。 ダブルレザーに対して、シングルレザーはフォーマルな印象を持たせる場合に使われる事が多いです。
  • ダブルレザーとウォーターロック(写真下側の靴)の説明と比較
  • ウォーターロックソールはオイルが浸透しているため、雨の日でも水が染みてこないソールだと言われております。このソールはカジュアル・フォーマル問わず使われてます。

    ### HEELの種類について ###

    オールデンのヒールには、ラージ(正式名称:エクステンディッド)、ノーマル、スモール(正式名称:クローズド)などの種類があります。

  • ヒールの比較
  • 写真の靴のヒールは、左:ラージ、真ん中:ノーマル、右:スモールのヒールです(靴のサイズ 左:バリー9D, 真ん中:プラザ9D, 右:プラザ9C)。 ヒールのサイズは、ラスト・ウェルト・ソールに合わせて、選択されます。 例えば、左の靴はバリーラストのLWBですが、カジュアルな印象を与えるため、ヒールが最も張り出しているラージヒールで作られてます。

    Comment

      ラスト、ウェルト、ソール、ヒールの組み合わせによって、今まで見たことないようなオールデンの靴が出来ます。 このような選択肢の広さ、そして、それらを追及していくのもオールデンの楽しみ方の一つかもしれません。